Voice!

株式会社セレクティー
個別教室のアップル

仙台駅前教室長 木下 啓さん 木下 啓さん

東北大学卒業 2011年入社

生徒ひとりひとりに向き合える、
理想の教育の場がここだった

両親が教員で、教育分野での就職を考えていたという木下さん。「企業理念に共感できた」という株式会社セレクティーに入社し、現在は「個別教室のアップル 仙台駅前教室」で教室長として活躍する木下さんにお話を伺いました。

01この会社を選んだのはなぜですか?

会社説明会で、代表の畠山の話を聞き、生徒一人ひとりを大切にする企業理念に共感し、理想的だと思ったのが理由です。実は私の両親は教師で、母から「もっとちゃんと生徒を見てあげたいのに、難しい」という話を聞いていたのも大きかったと思います。また、面接の際に私という人間をしっかり見てくれているなと感じたのも入社の理由です。

02どんなお仕事をされていますか?

仙台駅前教室で、保護者の方や生徒さんへ面談による授業提案、講師とのマッチング、学習フォロー等を行っています。仙台駅前教室は高校受験、大学受験の生徒さんが多いので、受験における進路相談や志望校の選定のサポートなどもしています。

03仕事のやりがいはどんなところに感じますか?

やはり、生徒さんからの「合格したよ」というその一言がなによりです。それから、子どもたちがここを「自分の居場所」と思って安心して通ってきてくれる様子が伺えると、とてもうれしく思います。

04目標を教えてください

仙台駅前教室には、「アップル予備校」もあり、こちらも完全1対1の個別指導です。大学受験に必要な全教科を受講いただくことが出来ます。また、定期面談やアプリを導入した最新システムで難関大を目指す生徒さんをトータルサポートいたします。まずは、この予備校を成功させることが目標です。また、将来的には自分の教室を成長させた後で、マネージャーとしてほかの教室の成長にも関わっていけたらと思っています。

05御社ならではの特徴はありますか?

「家族記念休暇」が年間で6日間あります。誕生日や結婚記念日など、家族に関係する記念日であればお休みできます。あとは、研修の一環として、会社が年間5冊まで本の購入代金を負担してくれます。教育に関係するものだけではなく、それが生徒さんとの会話の糸口になるのであれば、マンガでもいいんですよ。

06仙台で働くことのよさを教えてください

都会と自然が調和していて、すごく過ごしやすい街だと思います。私には小さな子どもがいるのですが、子育てにもいい環境だと思いますね。

07学生時代に役立った経験はありますか?

私は学生時代にも学習塾でのアルバイト経験しかなかったので、もう少し違った業界のアルバイトを経験していればよかったのかなと思っています。また、海外旅行をもっとしておけばよかったなと思います。そういう経験があれば、生徒さんにまた違った世界があることを話すことができたので。

08就活生にメッセージを

就職活動は、自分を見つめ直すいいきっかけになると思います。きちんと自分のやりたいことを見つけ、妥協せずに内定を勝ち取ってほしいです。

ある日のお仕事スケジュール

9:00

起床

身支度を整えたり、食事を取ってから出勤します。

12:30

出社

面談予定など業務の確認や準備、教室の清掃を行います。

16:00

授業開始

小学生、中学生の生徒さんたちが塾に来るので、面談などを行います。また、入会希望者の面談も行います。

17:00

休憩

新しくできたお店に行ってみたり、手作りお弁当を食べてリフレッシュ。

18:15

業務再開

生徒さんたちの面談や書類整理、翌日の業務確認などを行います。

21:30

終業

施錠して帰宅します。

22:30

帰宅

家族との時間をすごします。

休日の過ごし方

なるべく子どもと触れ合う時間を多くとるように心がけています。子どもが好きな施設や場所に行くことが多いですね。

経営陣へのインタビュー

“勉強をするだけの場所”ではなく、子どもたちの“居場所”を創る

代表取締役
畠山 明さん 畠山 明さん

個別教室のアップルで知られている、株式会社セレクティー。小学生から大学受験を目指す子どもたちに丁寧で質の高い授業を提供し、高い評価を得ています。
元教員だという畠山社長は、「生徒さんによって、理解しやすい手段は千差万別。さまざまなお子さんがいる中で、全員にきちんと向き合うということが私には難しかったので、1対1で授業を行う個別指導の教室を開きました」と創業時を振り返ります。
平成30年度には、仙台「四方よし」企業大賞で大賞を受賞。子どもや保護者の自己肯定感を育む取組みをはじめ、不登校やいじめの問題に学習塾として取り組んでいることが評価されての受賞でした。「これからは、テスト対策や受験指導だけでなく、障がいのあるお子さんの学習支援などにも力を入れていきたいと思っています。また、勉強を教えるだけの“塾”ではなく、子どもたちの居場所づくりにも力を入れていきたいです」。 さらに、「仙台市奨学金返還支援事業」(*)の協力企業にも認定され、若手社員の奨学金返済の負担軽減にも努めています。「200人以上いる講師と一緒に安心できる場所をつくり、“勉強も大事だけれど、自分を大切にすることも大事なんだよ”ということを伝えていければと思います。私は、人間にとって『自己肯定感』がとても大切だと考えているんです」と話し、小中学生を持つ保護者の方を対象に、新聞社や学校PTAと連携した自己肯定感を育むためのセミナーや本の出版も実施しています。
個別教室のアップル(セレクティー)は、これから先も学習塾、家庭教師の枠を超え、多様な学びを創造してゆく企業として躍進し続けていくことでしょう。

*「仙台市奨学金返還支援事業」について、詳しくはこちら

私たちも取材に同行しました

取材協力
東北学院大学 
帖佐 和加子さん

取材協力
東北学院大学 帖佐 和加子さん

私も中学高校と塾に通っていましたし、予備校にも通っていたので、塾にいる時間が長かったんです。私の通っていた塾の場合は知識の詰め込みだけという印象でしたが、個別教室のアップルさんは学習サポートだけではなく、一人ひとりの生徒さんによりそっているというのがすごく魅力だと思いました。教育学を学んだ私にはとても興味深い企業でした。

企業情報

所在地 宮城県仙台市青葉区国分町2-13-21 定禅寺アップルスクエア7F
電話番号 022-223-5001
従業員数 275名
2020年度 新卒募集人数 1名~5名
過去の採用実績 東北大学・岩手大学・東北学院大学・茨城大学・中央大学 他
公式ホームページ http://www.apple-net.jp/